久々にオークションでギターを2本落札しました。1本目はTokai Custom Edition。もう1本はKramerのバナナヘッドのギターです。

まず、一本目はTokai Custom Editionです。画像の通りJUNKギターです。落札価格は¥3,800です。

Tokai Custom Edition

Tokai Custom Edition Junk

メイプルネックのコンコルドヘッドのネック。この手のギターはボディはシールでカスタムされていても、基本的に弾かれていないのでフレットは殆ど減っていません。

このギターに勝手にストーリーを作ってみました。

  • これからギターを始めるぞ! XXXXみたいに早弾きするんだ。
  • 練習したけどなかなかうまくならない。指先はいたくなるし。
  • なんだか飽きてきたな。シールでボディをカスタム。
  • そのまま放置。

という感じでしょうか。この後、

  • 色を塗り替えよう! って事で塗装を剥がしてみる。ただし、やたら分厚い塗装なんで途中で挫折してそのまま放置。

という流れになる事も。(妄想ストーリーです。) なので、ボディの状態とネックの状態反比例するものが多いように思います。

ブリッジはTokaiのオリジナルのもので、弦のボールエンドを切らなくて良いタイプ。ナットはケーラータイプです。何度か書いていますがこいつが好きじゃないんです。問題が多くて。

Tokai lock ナット

問題の一つ目はナット部分で弦がペグのポストに向かって下方向だけではなく、水平方向にも曲がっています。(特に1弦、2弦)。多くのギターでナットの溝の加工精度が悪くチューニングがスムーズにできません。

もうひとつはロックする部分トップのネジを締めると弦のしたからコマが上がってきて弦をロックします。この時弦が持ち上がってしまうのでロックするとチューニングが狂います。Floyd Roseでも弦をロックした際に同様の問題が発生する場合もありますが、弦を下に押し下げるようにロックするので、ヘッドに角度があればチューニングの狂いは軽微ですし、テンションバーをつける事で問題回避できます。

このナットの特性を知った上でコツをつかめばもっと上手く調整できるのでしょうが…

Tokai CE Junk Bridgeブリッジはボールエンドを切らないブリッジでTokaiのオリジナルです。 「イナーシャブロックに弦を通すシンクロナイズドトレモロの場合、サドルにかかる弦の摩擦抵抗でチューニングが狂う原因になります。こいつは弦をネックと平行になるようセッティングし摩擦を減らしチューニングの狂いを減らすとという発想でデザインされています。

この後…

欲しかったのはボディなので、ネックやブリッジはオークションで転売予定です。ボディは塗装を剥がしてリフィニッシュしお気に入りのネックと組み合わせます。

 

Kramer Black w Original Floyd Rose

Kramer Black2本目はクレーマー  これはジャンクじゃないです。¥20,000で落札しました。前オーナーさんがオークションで手に入れたものに、ESPでFloyd Roseに交換してもらったとか。新Logoのピカピカのブリッジがついています。新Logoは初めてみましたが、よく言われている通り素っ気ないですね。ピックアップはDuncun ’59のトレムバッカーに交換されています。

ボディ・ネックの状態はかなり良く、ペグ他ハードウェアも綺麗です。弦高など調整もバッチリされています。弾いていて気持ちいいですね。

この後…

このギターは部品取り為に落札しました。Floyd Rose一式、 Duncun、状態の良いネックをキープして、ボディはオークションで転売。¥4,000位では売れるでしょうから、部品調達コストは¥16,000。フロイドローズ一式(ブリッジ+ナット他)と、ネック、Duncunピックアップを単体でオークションで落札したら2万円は確実に超えますからね。

でも、状態が素晴らしくよかったので、しばらくこのままキープして弾き込んで見るつもりです。

最後まで読んでいただき有難うございます。By JGR
(Visited 391 times)
オークションで落札したギター 2015年2月


Post navigation