仮組したストラトキャスターの問題点をチェック。

まずはナットから。Floyd Roseのナットと交換するつもりですが、もともとついていたGOTOH製のロックナットと指板に隙間がありました(黄色)、交換と同時に隙間の問題を修正します。

Floyd Rose Nat Space

原因は背面からナットを固定しているネジの穴の位置が悪く、ネジの頭が邪魔してぴったりくっつける事ができない。ネジ穴を広げて問題修正する予定。

Floyd Rose Floating

弦高を最低まで下げてもノンフローティングの状態にできない。Tokai Custom Editionのラインアップはネックポケットが他のものより1mm程度浅いようです。フローティングで使う事を前提としているのでしょう。なので、ネックポケットを削って深くし修正します。

ナットの位置を確定してみないと何とも言えませんが、スタッドの位置が後ろ過ぎるような気がします。オークターブチェックをするとサドルをナット側に移動する必要が出て、サドルがブリッジのベースプレートから飛び出す事になりそうです。機能的には問題ないですが、見栄えが良くないので、一旦スタッドアンカー穴を埋めて、適正な位置に穴あけします。

ネックポケット

1ほんの少しだけ1弦の方がネックの端に近いです。(写真だとよりも実物の方がマシ)弦落ち防止のため少しズラしたいんですが、ポケットとネックエンドがぴったり過ぎて動かせません。ネックポケット底面を削る際に一緒に修正します。

アームザグリ

画フロイドローズのファインチューナー板バネのプレートが殆どボディに乗っかていません。ブリッジが更に前に移動する可能性があるので、ここは一旦埋め木してザグリし直します。

この辺を修正したら下塗り工程に入ります。今日はここまで。

 最後までお読みいただき有難うございます。By JGR

このプロジェクトを最初からご覧になる場合は、Reverse Head Component Stratocaster プロジェクト をクリック

(Visited 451 times)
Reverse Head コンポーネント ストラト製作 ”Day2” 問題点確認


Post navigation