ブリッジの取り付け位置移動作業後の確認です。

作業はスタッドアンカーの位置を2mmほどネック側に移動。フローティングをノンフローティングにセッティング。

Floyd Rose

ブリッジの後部がボディに密着しました。

Floyd Rose 02

弦高が下がるので、ネックポケットの底面をトリマで切削しました。

弦高最終フレットの弦高は1.5mm です。ネットで検索したところ弦高を高くセッティングするのがボディを鳴らすには有効だとか。という事はこれは逆行?

Floyd Rose Back

背面はこんな感じ。黄色い部分は今回埋め木したところ、ボディトップから20mm位の厚さ。ブロックは32mmです。

この後。ボディをペーパーで研磨し下地調整作業に入ります。

最後までお読みいただき有難うございます。

 

(Visited 408 times)
Reverse Head コンポーネント ストラト製作 ”Day4” Floyd Rose ザグリ その2


Post navigation