GW中のギター三昧です。昨日(2015/05/03)仮組みまで終わりました。作業に対してBlogの更新が遅れてます。このギターの前回作業記事は、ボディのザグリが終わり、ネックのヘッドの黒塗装を剥がしたところまでだったんですが、作業はどんどん進んじゃっていて… エルボーと背面のコンター加工、それからボディエッジのRの部分の加工とか。その辺を全部端折ってます。

ボディのエッジ部分が、これまで作ってきたギターよりも、Rを大きくしています。その為に新しく買ったボーズ面ビットを使ったりと、一応試行錯誤があったんですが、その辺は追々記事をUPします。
Kramer Reverse Banana アッシュ ボディ 仮組 01良い感じに仕上がっています。ネックポケットの深さや、ブリッジの高さ、ネックがセンターズレしてないか等、塗装の前に仮組して確認します。普通は配線して音出しはしないんですが…  音の方が気になっちゃったんで配線までしちゃいました。

ピックアップがその辺に転がっていた、Kramerのギターから取り外したESP製だと思うんだけど、出力の方が「??」という感じで余り歪ません。 30年近く前のピックアップなんで、経年変化で出力が下がっちゃうのかな? 以前にもKramerについてESPでは何個か経験あるんですよね。 でも、それはそれで良い音がするんで、ちゃんとしたピックアップを乗せれば、もっと良くなるハズです。(当然プラシーボ効果込みのコメントですけど。)

Kramer Reverse Banana アッシュ ボディ 仮組 02

次はまたバラバラにして、目の細かいペーパーで木地を整えて塗装に入るんですが、アッシュは目止めをしないといけないようなので、情報をネットで検索中です。エルボーのあたりに黒い節みたいなのがあります。いろいろ削ってれば消えるかと思ったんですが、そう上手くいきませんでした。塗りつぶしで塗装する予定です。

 

(Visited 452 times)
Kramer メイプル リバースヘッド ストラトキャスター製作PJ Day8 仮組み


Post navigation


One thought on “Kramer メイプル リバースヘッド ストラトキャスター製作PJ Day8 仮組み

  1. やってますね~。
    目止めといえばとの粉系のフィラーか水性のぺーストフィラーしか使ったことありませんが、
    最近気になるのはZ-poxyというエポキシ系の目止め材。
    エポキシ系はヤセがないので多分一発で決まると思うんですよね。
    ちょっと高いのが悩む所ですが・・・。

Comments are closed.