前回作業は、ピックアップやら、コントロールキャビティやら、Floyd Roseやらのザグリ加工をしました。Floyd Roseの取り付け穴は、貫通してるからザグリとは言わないのかな?

今回は、背面のコンター加工をします。

Back

画像はJGRが所有するKramerのテレキャスターです。(制作中のギターではありません。)

Kramerのテレキャスターってフロント側のエルボーのところもコンター加工してあるものがありますが、このギターはフロント側はコンター加工無しで行きます。

コンター型取り

まず、オリジナルとなるKramerのテレキャスターを参考に、ボール紙で水平方向と垂直方向の型紙を作ります。

テレキャスターはボディが大きいんで、ストラトよりもコンターの範囲が広いんですね。弾いているときには意識したことなかったですけど。

コンター型取り2

次に型紙を製作中のボディに写しとって切削範囲がきまりました。下にあるのがオリジナルのKramerです。

コンター加工1

のこぎりで切り込みを入れます。ノミでガンガン削ります。(写真は別のギター製作時の使いまわしです。)

コンター加工2

鋸ヤスリでガンガン削ります。(写真は別のギター製作時の使いまわしです。)

この時は普通の木工ヤスリを使ってました。この後、鋸ヤスリを東急ハンズに買いにいったんですよね。購入するときに店員さんに、木工ヤスリよりも削れますか?って質問したんですけど、「変わらないですよ。」と答えが返ってきました。折角来たんだからと購入したものの確かにそれ程変わらない… (笑)  シントー 鋸ヤスリ (Amazonのリンク)

コンター加工終了

80番のサンドパーパーをパッドに巻いてちょっと慎重に削って、120番のさんどペーパーで木地を整えてコンター加工の作業は終了です。

ボディエッジ加工

フロントピックアップのザグリ加工と、ボディエッジ部分もボーズ面ビットで丸めました。それから、アウトプットジャック用の穴も開けました。配線用の穴あけや、アームーのスプリングクロウ用のネジ穴あけ等ありますが、大まかなボディ加工は終了。ここまで順調です。

最後まで読んでいただき有難うございます。By JGR
(Visited 848 times)
Kramerバナナヘッド+ テレキャスボディ Rebuild Day5 コンター加工


Post navigation