今回も塗装です。磨きまくってます。

この記事も、地味ぃな塗装面の拡大写真が続きます。興味のない方の為に、まず最初に磨き作業終了時の画像を大公開!

テレキャスター研磨16

「終わったー!」 色々映り込むようにとってみしたが、どうでしょう。かなり綺麗に仕上がってます。ってか、今まで一番いいです。

で、ここまでの地味ぃな作業です。

テレキャスター研磨07

コンパウンドで磨いてみたんですが、縦(ネック)方向のヘアラインが結構残りました。縦方向の磨きにつかったのは800番と2000番の耐水ペーパー。傷の目立ち具合から推測すると800番のモノが消しきれなかったようです。

テレキャスター研磨11

手順を戻って耐水ペーパーで研磨です。2000番のペーパーでネックと垂直方向に磨きました。(上画像だと左右) 更に、3000番のペーパーをネック方向(上画像だと上下) にかけました。

テレキャスター研磨12

上画像は3000番のコンパウンドを”細目”のスポンジバフにつけ、ポリッシャーで磨いたところ、ある程度傷の方向がランダムになったので良しとします。

テレキャスター研磨13

上画像は7500番と、さらにその上の極細目のコンパウンドで磨いたところ。デスクトップライトが鮮明に映り込んできました。少し横方向に磨き傷が…

テレキャスター研磨15

ここで、Amazonから届いた3Mのコンパウンドが登場。暗い色専用の仕上げ用コンパウンドです。

テレキャスター研磨17

ついでに、こいつが「リョービ サンダポリッシャ」です。磨いた時に鱗みたい傷が残らないダブルアクションのランダムサンダーポリッシャー。

ギターボディの塗装剥がし用にも使いましたが、こいつで作業すると、表面がどうしても凸凹になって、例えば下画像のデスクトップライトがまん丸にならず歪んで映り込むんですよね。なので、今はボディ艶出し専用です。

テレキャスター研磨14極細目のスポンジバフに3Mコンパウンドをつけ、ポリッシャーで磨いたところ。

テレキャスター研磨16これで磨き作業完了(画像はこの投稿の最初のものと一緒です。)

新しいコンパウンドは値が張りましたが、仕上がりも今までよりワンランク上がりましたし、作業時間が大幅に短くなりました。

これかたは、研磨作業が楽しくなりそうです… なんて事はありません。ハイ。

最後まで読んでいただき有難うございます。By JGR
(Visited 586 times)
Kramerバナナヘッド+ テレキャスボディ Rebuild Day10 研磨×研磨×研磨!! そして終了


Post navigation


6 thoughts on “Kramerバナナヘッド+ テレキャスボディ Rebuild Day10 研磨×研磨×研磨!! そして終了

  1. おお!いいですね~。まさにピアノブラック!
    3Mのコンパウンド良さげですね。
    自分も車の研磨に詳しい人に聞いたら3Mのヤツ勧められました。
    車の研磨の人達はめちゃめちゃシビアにやる人達らしく「うへぇ、ソコまでやるの?」
    なんて印象でした(どこで妥協するかの線引きがムズカシイというか・・・)が、学ぶ所は多いですね。

    1. ゼットブラックって色です。ペイントワークスさんで適当に選びましたけど。

      本当はtravispitzさんも使ってる大きなバフとか使ってみたいんだすけど… 
      あのバフ、仕上がりが良い。作業が早い。両方。どっちなんですか?

      3Mは仕上げは綺麗なんですが、そこまでもっていくのにサンダーポリッシャーと、
      手で磨くんで凄く時間がかかります。

      それから、3Mは細かい磨き傷を本当に綺麗に消してくれるんで、なので、
      ペーパーの磨き傷が残ってると妙に目立ちます。
      そこ部を、1本、1本 3000番のペーパーから消してるんで大変です。

      綺麗に仕上げても、ポリッシュとギタークロスで拭いたら多分磨き傷がつくと思うんですよね。(笑)
      一瞬の自己満足の世界のような気がします。(笑)

      1. 仰る通り3M&ポリシャーで妥協無く磨いていたら
        間違いなく仕上がりは上でしょうね。
        あのバフのいい所はやはり「ある程度の仕上がり」を
        早く実現して妥協点を与えてくれる所でしょうか。
        自分は2000番まで水研ぎしてmenzernaの固形コンパウンド
        mediumu(IP P204)→fine(IP GW16)とバフ掛けしたあと
        手磨きでstewmacのSwirl Removerを使います。
        正直妥協はしてます。研磨はキリがないと感じ始めたときから
        いかに早く楽にそこそこを実現するか?と方向転換しました(;´Д`)y─┛~~.
        それでも改善出来る所はないかと模索しつつ、バフの掛け方も少しづつ上達しているのか
        多少仕上がりが向上している気がします。
        (最初は固形コンパウンドの使い方がイマイチ判らず全然磨けませんでしたが)
        妥協無くやる人は(客観でなく主観のハードルを作り)果てのない戦いをしているのだと思います。それもまた職人の道なのでしょう。
        ポリッシュは正に鬼門と言っても良いカテゴリだと思います・・・。

        >綺麗に仕上げても、ポリッシュとギタークロスで拭いたら多分磨き傷がつくと思うんですよね。(笑)
        まぁそうですよね(笑)

        1. travispitzさん

          返信有難うございます。今回は黒なんでかなり頑張ってます。

          あのバフを使うと効率いいんですね。(笑)

          手間と仕上がりですよね。だから、道具とかコンパウンドの種類、
          他の人が何を使ってるか凄く気になります。

          menzernaの固形コンパウンドってのも、ちょっと見てみますね。
          細かい番手までおしえていただき有難うございます。

  2. うぉー!!!!来ました。なんと美しい(・(ェ)・)(・(ェ)・)(・(ェ)・)

    1. Blogよりは進んでますが、未だ完成してません。(汗) 初挑戦のキルスイッチもあるんでね。
      まあ日曜日には音の出る状態にはしますが… ひょっとすると調整の為に持ち帰りなんて
      こともあるかもです。

Comments are closed.