いよいよボディ加工も大詰め。ドリルで穴開け

ロングドリルでコントロールキャビティからアウトプットジャックへ配線用の穴あけ。マスキングテープは穴あけ方向と角度のガイド。ボディに傷がつかないように段ボールの切れ端をあてています。この後、ピックアップとアース配線用の穴開け。

これでボディが完成。(下画像)ZEP-II レプリカ

いい感じです。ZEP-II レプリカ1 バックパネル用の落とし込み。トリマーで2mmほど削りました。ZEP-II レプリカ2

写真では見づらいですが肘が当たる部分のコンター加工、ボディエッジの部分もいい感じに仕上がりました。ZEP-II レプリカ4

ネックポケットもエッジの部分を丸め、いい感じに仕上がりました。


このギターの制作過程を最初からご覧いただく場合は、こちら ESP ZEP-II JZ-85B レプリカ をクリック。

(Visited 235 times)
ESP ZEP-II JZ-85B レプリカ Day7&8 ボディが完成しました。


Post navigation