ZEP-IIレプリカのネック組み込み作業。

寸法図ボディにネジ穴の位置をマークします。最初にネックポケットの位置書き込みます。つづいてをプレートが斜めにならないよう、プレートを置いてみます。プレートが斜めにならないように何度も確認しながら作業します。ネックプレートの穴の中心にネジ開け位置をマークします。ドリルで穴開け

ボディに対し垂直に穴あけできるようにし、ボール盤で穴あけます。つかっているドリスは直径4.5㎜。ネック固定用ネジ(4㎜)より少し大き目のドリルを選択します。ネックネジ穴処理

ネックのネジ穴を処理しているところ。棒材をタイトボンドで接着、接着剤が硬化したら飛び出し部分を精密ノコギリと小刀で削ります。最後にヤスって底面を平らに仕上げます。ネックを固定

ボディにネックを組み込みます。ボディの中心線とネックのセンターが一直線になるように仮組しクランプでしっかり固定します。ネジを軽くねじ込んで、ネックにネジ跡をつけます。完成

ネックにボール盤でネジ穴をあけたら、ネジをしっかり締めこんで完成です。ネックとのボディの隙間もほとんどなく、ピッタリ組み込みできました。この後、ネックポケット周りのボディが未加工なので、トリマや粗目の紙やすりでボディ成形します。


このギターの制作過程を最初からご覧いただく場合は、こちら ESP ZEP-II JZ-85B レプリカ をクリック。

(Visited 284 times)
ESP ZEP-II JZ-85B レプリカ Day2 ネックの組み込み


Post navigation