ESP x Kramer バナナヘッド プロジェクトの2日目。ネックを組み込です。

最初にKramerのバナナヘッドネックのネジ穴跡を塞ぎます。

ネックネジ穴処理

元あったネジ穴を棒材で塞ぎ(タイトボンドで接着)ます。タイトボンドが硬化したら、はみ出し棒材を精密ノコギリと小刀で削り取り、仕上げに紙やすりで平らに整えます。

ネック穴あけ ボディ

ボディにネジ穴をあけているところ。穴あけ位置を正確に測って、卓上ボール盤で穴を開けます。最初は直径2mmの細いドリルで下穴を開け、続いて4.5mmのドリルで穴を開けます。(ネック固定用ネジの直径は4mm) 写真に写っている黄色い物体は水平水準器です。斜めに穴が開かない一応チェックしています。

狙った位置に綺麗に開きました。

この卓上ボール盤ですが、机の上に置くスペースが無いので、机の下が常設場所。ここでは卓下ボール盤です(笑)

とりあえず思った位置にピッタリつきました。10万以下のクラスのギターだとネックプレートが曲がっているものを時々見かけます。曲がっていてもネックさえちゃんとついていれば問題ないんですが、自分は見栄えにも拘りたいんで…  ボディの上部との間が少し大きく見えますが。ボディのエッジを丸めれば問題無し。(のハズです。汗)ちゃんと測ったんで。

ネックを固定

次はネックの穴あけ。位置を決めるためにネックを真っ直ぐに取り付けクランプで固定。ネジを軽く締めて、ネックに印を付けます。

ネック穴あけ

ボール盤でネックに穴を開けます。ネックを万力に固定し、3.5mmのドリルで穴を開けます。ドリルにマスキングテープをつけて、穴の深さの目印にしています。

作業終了

ネックを取り付けてESP×Kramerバナナヘッドは作業終了。此処までのところ順調です。ピックアップとFloyd Roseのベースプレートを乗せて記念撮影。

ネックを組み込んだので、これでブリッジの位置決めができます。ナットから12フレットまでの2倍の位置にブリッジを取り付けます。位置を間違えて、”サドルの可動範囲内でオクターブ調整が出来ない。” なんて事が無いようにしないといけません。

(Visited 529 times)
ESP x Kramer バナナヘッド Day2 ネックの組み込み


Post navigation