Day01Charvelのネックを使って、テレキャスターシェイプのギターをリビルドします。使う部品はこんな感じ。ボディは放置してあったフェルナンデスのTEJ-XX(型番不明)をカスタムしたものです。ボディはリアピックアップのハムバッカーが搭載できるように、フロイドローズタイプのブリッジが搭載できるようにしたり、ボリューム・トーンの位置を変え、背面のコントロールキャビティも変えたり。いろいろ埋め木&切削しています。

PJ Start

ボディを塗装して組み立てれば完成なんですが、その前に仮組して問題ないか確認します。

ネック センター 確認

ネックとボディは何も加工しなくてもピッタリはまりました。センター位置がずれていないか確認しておきます。通常はクランプでボディとネックを固定するのですが全く必要無し。別の言い方をするとその位余裕がありません。”余裕が無い=後で修正できない。”なので、今しっかり確認しておきます。

ネック ネジ穴 開け

センター位置が確認できたので、ネックにジョイントビス用の穴あけ加工をします。古いネジ穴は埋めてから作業しています。

ネック センター 結果

ネックをネジ止めしてみました。ななめ上から撮っているのでずれて見えますが…

Charvel Televaster 2PU

(画像はありませんが)アーム用のスプリングクロウを取り付けした後、仮組してみました。配線はしていません。

ネック 組み込み ポケット

ネックはこんな感じ

Jackson Bridge

ブリッジとピックアップ回りはこんな感じ

弦高

もともとアーム無しのボディだったので、組み込んでみると少々弦高が高いです。

Jackson Bridge 高さ

Jacksonの刻印のあるブリッジはノンフローティングにセッティングしていますが、ブリッジの形状から後ろ側が持ち上がっています。

弦高とブリッジの問題を修正すれば塗装に入れそうです。

仮組していたら、フロントピックアップは止めて、ハムバッカー×1にしても良いかな?と思えてきました。Photshopで修正してみました。

Charvel Televaster 1PU

この方向で行こうかなと思ってます。

 最後までお読みいただき有難うございます。By JGR
(Visited 460 times)
Charvel Telecaster Rebuild プロジェクト ”Day1” 仮組み


Post navigation