手持ちのリバースヘッドのCharvelのネックを使って)新しいギターを作ってみます。ボディは先日入手したアルダー板材からボディを切り出すところまで終わってます。切り出しはCharvel Model  3ボディを採寸したテンプレートを使ってます。Charvel Reverse Head のリビルトプロジェクトの初日はネックのリシェイプからスタート!

Neck Reshape

写真はネックのリシェイプ様子をとったもの。Charvelのネックはネックエンドのところで幅が57mmと、普通のネックよりも幅が広く、今ひとつ弾き心地が良くないのが印象。今回これを普通のギターと同じ56mmにリシェイプしています。もともと、ネックとヘッドの背面に小傷もあったので、その辺も一緒に修正します。

①80番の紙やすりをパッド(写真中央)につけてで右側を10回、左側と10回削る。
②ノギスで幅を図り
③手で握ってグリップを確認

これを繰り返します。

気に入ったシェイプになったらので、120番→240番の紙やすりで表面を整えて終了。

Neck Reshape 2

出来上がり!

話が前後しますが、Charvel Reverse Head Rebuild プロジェクトは、手持ちのCharvelのリバースヘッドネック(シャークインレイ)に、自作のボディにくっつけて新しいギターを作ろうというものです。

 

(Visited 333 times)
Charvel Reverse Head Stratocaster Rebuild ”Day1” ネックをリシェイプ


Post navigation