今回はネックポケットの加工について

Striker Body 制作5

ねネックエンドに合わせて作成したテンプレートを使って、ネックポケットを切削します。この作業テンプレートの作成の方が肝心。ネックに合わせて切削するので、組み込み精度は市販のギターよりも高い(ハズ)です。ワンオフで作る醍醐味ですね。ボディ製作 1

ネックジョイントビス用の穴を開けます。ネックプレートも真っ直ぐに取り付けたいので上画像のように慎重に位置決めします。ボール盤で垂直に穴を開けます。穴あけ

ネックジョイントビスは4mmなので、4.5mmの穴を開けます。ビス径よりも少し大きな穴をあける事でネック組み込み時の調整の糊代を残しておきます。センター出し

ネネックのセンターと、ボディに引いた中心線を合わせます。長い定規を使ってネックのセンターを延長線、木片ブロックを当てて、木片ブロックの辺がボディのセンターラインに合えばOK。

もし合わなければ。ボディのセンターラインを引き直します。ネックポケット切削時に位置合わせしているので、大きくズレルことは無いですが…ネック組み込み1

ネックの位置が決まったら、クランプで固定し、ネックジョイントビズで軽く締め、ネックにネジ跡をつけます。ネックにボール盤で下穴をあけます。ネック組み込み2

ここで仮組してみます。ネックを組み込む際にきつすぎず、且つ隙間が空きすぎず組み込みできればOK。今回も上手くいきました。満足です。

今回はここまで。次は、ブリッジやピックアップキャビディのザグリです。ボディができるまで 加工編  その3 ボディのザグリ

(Visited 2,005 times)
ボディができるまで 加工編2 (ネックポケット)


Post navigation