所有しているTokai Custom Editionの1Hギターを機材整理の為にオークションに出します。出品前にネックをオリジナルに戻し、ブリッジもFloyd Roseからタケウチ製ブリッジに交換します。Tokai Neck 01

これがオリジナルのネック。ヘッドの塗装は剥がしています。入手時の状態は、”Jackson” の Logoが手書きされていました。(笑) そんな状況でしたのでネックの裏も含めて塗装は全部剥がしちゃいました。Tokai Neck 02

剥がしたヘッドにはメイプルの突板を貼りました。その他、ロックナットは”通常ナット+ケーラータイプのロックナット”仕様でしたので、フロイドタイプのロックナットに交換する事にします。上画像はナットの部分を切り取ってます。突板を貼る事でケーラータイプのナットのネジ穴を隠しています。

Custom Editionや、国産Charvelの初期のモデルは”通常ナット+ケーラータイプのロックナット”のものが多いようですが、いろいろ難があるように思います。(ちゃんと調整すれば問題無く機能するのかもしれませんが…)

1つめは、ナットの精度。コンコルドタイプのヘッドの場合、ナット部分でヘッド角度やヘッド形状に合わせて弦に角度がつきます。なので、ナットの溝に弦が引っかかりやすく、キチンと溝が切られていないと、まともにチューニングが出来ません。ペグを回していくと「ピキーン」となる。(と書けば伝わるでしょうか。) 酷い場合弦をロックしていてもアームを使うとチューニングが狂う事も。

2つ目はロックする際の問題。ケーラータイプのナットはレンチで締めていくと、弦を固定する駒が下から上がってきて弦をロックする仕組みになっていますが、この時に弦が持ち上がってしまい。折角のチューニングがシャープしてしまします。

で、下画像がリフィニッシュ後のものTokai Neck 03

ヘッドは艶有塗装です。メイプル突板は木目が綺麗だったので、木目も綺麗にでています。ナットを取り付ける部分は高さ調整のためにの突板をはっています。ロックナットはGOTOH製新品を購入。スペーサーが同梱されていましたので、実際に弦を張って微調整が必要ならこれを使います。(2015.2.1追記 ナットの高さ調整は上画像よりもっと厚みのあるものに変更。スペーサーは使用しませんでした。)

Tokai Neck 04

ネック裏はクリア塗装して1200番→2000番のペーパーをかけました。コンパウンドで磨いてませんので艶消し状態。

これからボディに組み込みます。

(Visited 874 times)
Tokai Cutom Edition Mod ネック リフィニッシュ&リペア


Post navigation