Floyd Roseのベタ付加工に挑戦。

自分が所有するFloyd Roseは全部ノンフローティングです。Floydユニットのファインチューナー用の板バネの部分をボディについているだけ。なので、ボディを加工してベタ付けにセッティングできるようにします。

Floyd Rose ベタ付け加工 1

Floyd Roseはスタッドを六角レンチで回すことでブリッジの高さ調節ができますが、低くするといくつか問題が…

 <問題1>
アームが動かなくなる。アームダウンしようとしても、ユニットのエッジ部分がボディに当たってしまいアームダウンできなくなります。
<対処法>
ナイフエッジ加工はユニット側を削ることによって、この問題を解消していますが、Floyd Roseはオークションでそれなりの値段で、売れるのでモッタイなくてできません。なので、Junk Guitar Rescueではボディを削ること選択します。

 <問題2>
弦高が低くなるため 音が詰まったり、ビビッたりする可能性が…
<対処法>
ネックポケットの加工もしくは、シムを使ってネック確度を変更する必要があります。

 <問題3>
ファインチューナー用の板バネのところにあるプレートの厚みが邪魔になりベースプレート全体がボディに密着しない。
<対処法>
プレートが当たる部分をプレートの厚さ分だけ削ります。

問題を挙げるならこんなところ。作業をはじめます。Floyd Rose ベタ付け加工 2

これが元の状態。ファインチューナーの板バネの下部分がボディについている”ノンフローティング”。Floyd Rose ベタ付け加工 3

Floyd Roseを取り外したところ。既にこのギターはブリッジのザグリのところを加工していますが、未だなにもしていません。Floyd Rose ベタ付け加工 4

トリマーで切削したところ。先に書いた問題1に対処するために、エッジが当たる部分のボディをけずり、スタッド用のアンカー穴を2mm程掘り下げました。これでアームダウンしてもボディにエッジがぶつかることはなくなりました。また、問題3に対処するため、ファインチューナー板バネのプレート厚みだけボディを削り、Floyd Rose ベースプレート全体がボディに接するようにしました。

Floyd Rose ベタ付け加工 5

Floyd Roseを載せたところ。ベースプレートの後ろが少し浮いてます… ファインチューナーの板バネの部分の削り方が浅かったかも。あとでサンドペーパーで少し削ります。

Floyd Rose ベタ付け加工 6

後ろから見たところ。

Floyd Rose ベタ付け加工 7

弦高が低くなりすぎ、少々ビビり気味になったので、ネックポケット底面をトリマで撫でる程度に削りました。6弦12フレットで1.5mm弱。一般的なギターは1.8~2mmと比べて0.3mm~0.5mm低いセッティングにできました。

音は変わりました。確実に。変化の量(大きく/小さく変化)と質(良くなった/悪くなった)は、”プラシーボ効果”もあるので、もう少し弾きこんでからコメントしたいですが、①5弦以下のフレットでコードを押弦して弾くとボディの振動が感じられるようになりました。②コードを鳴らしたときにFloyd Rose本体に軽く触れると、ノンフローティングの時よりも、ブリッジの振動が減ったようです。その分弦の振動するエネルギーがボディに伝わってる(本当か!?)のかもしれません。

(Visited 1,324 times)
Floyd Roseのベタ付加工に挑戦。


Post navigation