ギターの塗装をはがす。かなり気の重い作業です。根気も必要。 さらに安いギターほど塗装が厚いです。

これまで塗装剥がしは3パターンで試行錯誤。

サンダーポリッシャーに80番のサンドパーパーつけてガーッ!

→ところところ削りすぎて凹凸ができます。鏡面仕上げだとちょっと気になります。

大き目のパッドに80番の紙やすり。

→右半分を10回、左半分を10回って感じで均一に削り落とします。とにかく大変。

トリマーで塗装部分だけ削り取る

→失敗すると一番リスクが高いですが一番簡単。最近はもっぱらこれ。

どれも、いずれの方法もトップとバックのみで、ボディサイドは手でこつこつやるしかない。

 

今回のお題はレスポールタイプのボディトップの塗装はがし。トップのアーチがあるので、サンダーポリッシャーもトリマーも使えません。

という事で以前から興味のあったヒートガンの購入となりました。

EG-800 トップ剥がし 04

レビューを見ながら、アマゾンでポッチっと。

次回は実際の塗装剥がしの記事です。大事故が起こりました。

 

(Visited 3,081 times)
ヒートガンで塗装を剥がす


Post navigation